よくある質問 -幼児部-

お子様が不安なく園生活を過ごすために、よくあるご心配や質問を載せています。ご参考になさって下さい。
3歳児の入園なのですが、 排尿・排便の習慣づけができていません。
大切なのは「園任せにしないこと」です。おむつがとれるように、お子様と一緒にご家庭でも取り組んで下さい。おむつがまだとれていない方は、入園に向けてトイレトレーニングをしていきましょう。(身体的におむつをとることが難しい方は、ご相談下さい)
3歳児の入園なのですが、身の回りの生活習慣が苦手です。
できるだけ自分で出来るように習慣づけていく事が大切です。お子様が集団生活を送る上での負担が少なくなりますよ。

 

☆排泄・排便は1人でできますか?
☆衣類の着脱・ボタンのとめはずしができていますか?
☆自分でお箸を使って食事できますか?

早寝・早起きが苦手です。
幼児期において、一日の生活リズムの定着は大変重要です。入園して、朝起きれずにグズグズしてしまう事で、気持ちよく登園できない子もいます。少しずつで構いませんので意識できるようにしましょう。

 

☆寝る時間・起きる時間をきめ、しっかり朝食をたべていますか?(登園時間は9時15分までです。特に幼児部は午睡がありませんので、成長に応じて少しずつ慣らしていきましょう)

発達に関して、心配があります。幼稚園への入園は可能でしょうか?
☆療育機関に通園中、または通園予定の方
☆3歳児健診での結果で気になることがあった方
☆言葉での意思表示を苦手とする方

 

もし、お子様の発達に関して気になることがありましたら、入園数に限りはあるものの、お子さまの状況を詳しく聞かせていただいてから、負担なく集団生活が送れるように、一緒に考え、協力していきたいと思います。どうぞ幼稚園にご相談下さい。

入園に関して子どもよりも親のほうが心配です。
入園して我が子が手元を離れると、急に不安になったり、寂しくなる方もいらっしゃいます。親子で過ごす今の時間を大切に、しっかり触れ合いながら、お子さまがスムーズに集団生活に入っていけるよう、保護者の方も心の準備をしていきましょう。



-満3歳児クラス-

入園に向けての準備(満3才児クラス)

不安なく園生活を過ごすために、これから少しずつ御家庭の方で心がけていただきますようお願いします。
1.排尿・排便の習慣づけをしましょう
 排尿間隔がほぼ決まってくる時期です。楽しくトイレに誘いかけ、よい条件反射が身につくようにしましょう。「出たね、気持ちいいね」などと認めたり褒めたりすることを繰り返すといいですよ。
 (入園後は月齢・状況を考慮しながらトイレトレーニングをはじめていきますので、まだ確立していない子も一緒に頑張りましょうね!

2.食事を座って、自分で食べるようにしましょう
 食行為の自立は生きていく基礎であり、人間社会の文化に適応していく自信になる大切なものです。スプーン、フォーク、躾箸、何でも構いません。自分で食べる喜びを味わえるようになるといいですね。
 (入園後は月齢・状況を見ながらお箸へ移行していきます。年少組への進級までにお箸が使えるように頑張っていますよ。)

3.基本的生活習慣のリズムを整えましょう
 睡眠時間の目安は10~11時間、午睡は1~2時間が目安とされています。感覚や運動、情緒の発達の成長のために大事な睡眠です。生体リズムも整う時期ですので決まった時間に就寝・起床できるようにしましょう。また、毎日朝食を食べることも大事です。登園時間は9時15分までです。特に、朝のリズムが整うといいですね。
 (満3歳児クラスは午睡をしますので、少しずつ慣らしていきましょう。)